ジャイナ教 (Jainism)

ジャイナ教

人口に占める割合: 約0.4%
特徴:  無所有と徹底した不殺生

なんだかんだとお金持ち

禁欲的な人々のイメージ

神様: 神ではなくマハーヴィーラを祖師とする
ご法度: 根菜も食べない徹底したベジタリアン




たった0.4%しかいないジャイナ教徒ですが、存在感は大きいです。インド人口13億の0.4%は500万人ですし。

ジャイナ教では不殺生を徹底するため、生き物の殺生の可能性がある職業にはつきません。するとです、金融業や宝石商など、いわゆる商才で勝負する生業の人々が多くなります。つまりお金持ちが多い。

ジャイナ教徒の信仰はとくに篤く、無所有を説く教義もあって儲かったお金はどんどん寺院などに寄進します。だからジャイナ教の寺院はとってもとっても立派だったりします。

食べ物の禁忌が厳しいのも特徴で、根を抜くときに虫を傷つけるということで、基本、根菜類も口にしません。豆類、葉物野菜を中心とした食生活と聞くとなんだかとってもさみしいような気がしますが、ダメといわれるといろいろ工夫するからか、ジャイナ教徒のお食事はバラエティ豊かで美味しいんですよ。

日本には東京の宝石街・御徒町にジャイナ教徒のお店が連なり寺院があるほか、神戸には北野の異人館近くに立派な白亜のジャイナ教寺院「バグワン・マハビールスワミ・ジェイン寺院」があります。


 

神戸のジャイナ教寺院の美しい扉
神戸のジャイナ教寺院は、作法を守ればジャイナ教徒以外も内部に入ることができる