キリスト教 (Christianity)

キリスト教

人口に占める割合: 約2%強
特徴:  世界に君臨する宗教もインドに来たらちょっと土着化

インド南部のゴアやケーララ州に多い

神様: いわずと知れたイエス・キリスト
ご法度: 生きていることがそもそも原罪です




次がキリスト教。ざっくりいうと、カトリックとプロテスタントのほか正教会派も存在します。

居住地域としては南インドが多く、ポルトガルの植民地だったゴアや、ヴァスコ・ダ・ガマが上陸したケーララ州などに立派な教会が多数あります。服装や祭礼など、もともとあった土着の信仰と結びついてインド独自に発展していたりします。

食の禁忌が少ないため、牛肉(ただし2017年現在、牛肉食は政治的に少々難しい)やシーフードなど食材がバラエティ豊かです。教義的にも安心感があるのか、ゴアやケーララ州は西洋人観光客に人気があります。