ボッタクリというビジネス

原価10円のものを1万円で売りつけられた。ボッタクリだ!

インドでよくある話です。ぜひともご理解いただきたいのは、これは確かにボッタクリではありますが、相手にとってはなんら恥じることのない、正当なビジネスだということです。

日本的な価値観では「ひどい話だ」となるところ、インド的価値観では「有能なビジネスマンの成功例」になるのです。強要して払わされたのでない限り、納得して支払った額であれば、それは「ビジネス」なのです(一方で「そんなの悪徳だ、とんでもない!」と怒るインド人もいるのがインドの面白いところです)。

定価の正札で買い物ができる場所もたくさんあるものの、街中の露店など、売り手と買い手の値段交渉が必要な場所はもっとたくさんあります。

交渉が面倒だとそのような買い物を敬遠するのは惜しいことです。せっかくインドに来たならば、マケるのマケないのというやりとりを楽しむのも醍醐味のひとつです。

値段交渉はだいたい言い値の半額あたりから始めろとよく言われます。ただ冒頭のようにとんでもないボッタクリ値段を提示される場合もあるので、半額で始めた時点で既に負けていることもよくあります。

相手の提示額よりも

  • 日本で買ったらいくらくらいするか
  • 貴女はいくらならその品を買いたいか

をまず考えるようにするとよいでしょう。その上で、

“How much is this?”

と聞きます。テキは百戦錬磨の商売人ですから、そこですんなり値段を出してくるよりもまず、

“How much you want?”(オマエはいくらで欲しいんだ?)

と返してきます。そこで心の中にある希望額を出しては負けます。なぜなら相手は次の一手で必ずその上の額を提示してくるからです。

“Well, I like it but…”(そうね、いいんだけど……)

のらりくらりと逃げ、相手が値段を出してくるのを待ちましょう。暑いねえといってみたり、狙っている品以外の別のモノを物色してみたり、ちょっと隣の店に行くそぶりをみせてみたり。

重要なのは、貴女が相場を知らない場合は、最初の一手を相手に出させることです。

最初の提示額が出てきたら、そこから「さて、いくらなら買ってもいいかな」と考え始めるのです。

最近商売が上手くいかないとか、子どもが進学するので物入りだとか、いろいろ個人的な事情(?)も聞かされることでしょう。

あるいは強気に、日本人ならこのくらいなんということはないだろうとか、日本で買ったらもっと高いなど、数字で攻めてくるかもしれません。

話半分に流していただいてけっこうです。

“Oh”とか”Ah”とか”Well…”とか、適当に相槌を打つという技をぜひ磨いてください。深刻な話を聞かされても、あまり深刻にならずにいて、まったく問題ありません。インド人ビジネスマン on ステージ、ひとり劇場を適度にお楽しみください。

または貴女がなにか話したいことがあるならば、どんどん話していただいてかまいません。ほしい商品とまったく関係のない話をしてもよいでしょう。気に入らない上司のことや、仕事のストレスなど、吐き出すには絶好のチャンスです。

そしてふと「ところでこれ、いくらだったっけ?」と本題に戻るのです。




冗長なやりとりだと思います。パッとお店に入って、パッと値段を見て、パッと買う買わないを決める、そんな買い物のほうが圧倒的に楽です。おまけにインドの商売人といくら値段交渉をしても、99%あちらの勝ち、「よっしゃ、私の勝ち! 安く買えた!」と思えることはごくごく稀です。

それでもこのインド式の値段交渉のある買い物がしたくて、わざわざそういう場所に通う女子もいるのです。

なぜか? それは、「自分で決める」ことの爽快さを味わえるからです。

そもそも、正札があればボッタクリではないのでしょうか? 値段交渉をしないだけで「これってボッタクリだよねえ」と思うモノやサービスは、日本にもありませんか?

ひとつのモノやサービスを巡って「私が正当と思う金額」を考え、最終的な決断をすること。モノを見る目や、自分なりの価値観を育てていくこと。

インドで遭遇するボッタクリというビジネスには、そんなふうに貴女を鍛えてくれる側面もあるのです。

ちなみに、日用品や必需品に関しては、日本円にして数十円程度を上乗せされることはあっても、10倍100倍といったとんでもないボッタクリはほとんどされません。旅行者がよく買うであろう、歯ブラシ、歯磨き粉、ビスケット、ポテトチップスのようなスナック類、炭酸飲料、ミネラルウォーター、下痢止めなどの錠剤などは外箱に定価が表示されているので、そういったもので物価の感覚をつかむ手もあります。